葉酸サプリメントは危険性があるのでしょうか。

妊娠中に重要な栄養素の一つに葉酸があります。
厚生労働省では一日400μgをサプリメントとして補うことを推奨しています。
摂取量の上限を1000μgと定めており、これを越えてとると様々な弊害が出てきます。
そういう意味では危険性があると言えるでしょう。
過剰摂取による副作用を挙げてみると、食欲不振や吐き気などの消化器症状、不眠、むくみ、発熱、蕁麻疹や紅斑、痒みといった皮膚症状、呼吸器障害、亜鉛の吸収率の低下、赤ちゃんの喘息のリスクの上昇などがあります。
赤ちゃんの喘息のリスクに関しては妊娠初期以降にも多量にとり続けた場合というデーターも出ています。
適正に摂ることにより貧血の予防、免疫力のアップ、胃腸の強化等の効果が期待でき、不足すると赤ちゃんの神経管閉塞障害のリスクが上がってきます。
では食事で多く摂りすぎた場合、サプリとの関連が心配になってきます。
葉酸を多く含む食べ物の代表的なものにホウレンソウがありますが、100g中210μg含まれています。
しかし水溶性のビタミンであり、調理して食べるとそれは50μgになってしまいます。
そのことから見ても食事でとれる量は限られています。
次にサプリメントの選び方ですが、実に様々なものが出回っており、価格もまちまちです。
基本的には国産のものが安心して使用できるでしょう。
また葉酸サプリメントの成分は天然のものと合成のものがあります。
価格は天然の物の方が高価です。
合成の製品は比較的安価ですが、体に蓄積しやすく、赤ちゃんが喘息になるリスクが高いことも知られています。
添加物の多い物も避けるべきでしょう。
ショ糖脂肪酸エステルやアセルスファムカリウムは赤ちゃんのダウン症の発生率が上がる成分として報告されているので、製品を選ぶ場合には配慮が必要です。
基本的には厚生労働省でも推奨されている必要なサプリですが、使い方を間違うと危険な一面も持っています。
説明書をよく見て安全な商品を必要量を守ってとることが必要不可欠です。

Categories: 未分類