葉酸はダウン症予防に効果がある

将来の出産を考えている女性は多いです。
そのために妊活をやっているという人が多いです。
体を温まるようにしたりストレッチをしたり、さらにはなるべく風邪をひいて強い薬を飲まないようにするなどいろいろと気を配っている人はいます、それは結婚をしてからやるというよりももっと前から考えていく必要はあります。
それは結婚してからというよりも20代くらいからしっかりと考えていった方がいいということがわかってきています。
じつは女性の体に必要な栄養素というのはいろいろとありますが、とくに必要なのが、カルシウムと葉酸です。
カルシウムは赤ちゃんの骨の形成に必要ですが、葉酸というとピンとこないという人も多いでしょう。
でもこれらの栄養素が不足することで赤ちゃんの神経系統に障害がでるリスクが高まります。
たとえばダウン症や神経管閉鎖障害などです。
じつは妊娠の最初期に神経管と呼ばれる器官が形成されることがわかっていますがその神経管というのは、のちに脳や脊髄といった中枢神経の器官になっていくところです。
そこでなんらかの異常があると、障害害を持った子供が生まれるリスクがあがってしまうことがわかっているのです。
ですが、妊娠前から葉酸を十分に摂取することで染色体異常を防いだり、神経管閉鎖障害を防ぐ効果もあります。
そのように障害を防ぐいみでも摂取したほうがいいのですが、毎日食品でとるのは大変です。
ですからサプリで飲んでみるのもいいでしょう。
また障害ということだけでなく、血流をよくしたり免疫を高めるという意味でも摂ったほうがいいです。
女性だけでなくて男性にとってもいいでしょう。
先天性の問題を起こさないためにも男性も女性も自分の体づくりから考えていったほうがいいです。
ただ、どんなに良いものも、多く採りすぎることで問題が起こることもあるので、どの程度の量をとるのかは慎重に考えていったほうがいいです。
自分の体は自分でしか守れませんから、気を付けたほうがいいです。

Categories: 未分類