作者別: tuskmvd580

妊婦が葉酸を摂取すべき時期とは

葉酸は、ビタミンB群の1つとしてほうれん草やブロッコリーといった食材に豊富に含まれている成分です。
ただし食材に含まれている栄養素でありながら、熱に非常に弱いという面倒な性質を持っています。
そのためこの栄養素を摂るために食材を調理する際には、調理法に注意しないと栄養素が破壊されてしまうので、厄介です。
そのためこの栄養素を摂取する方法としては食材からではなく、サプリメントから行うという方法がおすすめです。
そしてこの栄養素は、特に妊婦が積極的に摂取すべきものだと知られています。
積極的に摂るべき時期と言われているのが、妊娠初期の段階であり、この時期に摂る事で胎児に良い効果を与える事が可能です。
というのも初期に摂る事で、胎児が無脳症や神経管閉鎖障害等の、生まれ付きになってしまう重大な病気を回避出来る可能性を高める事が出来ます。
なので健康的で元気な赤ちゃんを産みたいなら、絶対に摂っておくべきです。
更に妊娠中は中期以降も、葉酸を摂り続ける事をおすすめします。
というのもお腹の中にいる赤ちゃんの栄養不足を防止出来る上に、妊婦にも良い影響を与える事が可能だからです。
妊娠中の女性は、鉄分不足によって貧血の症状を引き起こす人が多かったりします。
ですがこの栄養素を摂る事で、鉄分不足を防止して、貧血の症状が出るのを防いだり、症状の出方を弱めたりする事が期待可能です。
更に赤ちゃんを出産した後も、継続してサプリを摂り続ける事をおすすめします。
というのも産後の女性は、ホルモンバランスが乱れた状態になり易く、抜け毛やむくみの症状が出易いです。
しかもホルモンバランスの乱れにより、精神的な不安定さが生じてしまい、産後鬱の状態に陥る恐れもあります。
ですがこの栄養素には、ホルモンバランスを整える働きがあるので、摂る事でそういった症状の緩和が期待出来るのです。
加えて、母乳にも十分な栄養が確保出来ます。
お陰で生まれた赤ちゃんの栄養不足も回避する事が可能なので、産んだ後もしばらくは継続して摂り続けるべきです。

Categories: 未分類

妊活に必須の着床を助けるサプリメントの葉酸

妊婦のサプリといえば葉酸が有名ですが、妊娠してからだけの摂取ではなく妊活中から飲むことによって様々な効果を得ることが出来ます。
先天的な異常の多くは10週目までに決まるので、それまでに葉酸の効果が身体に出るように妊活を始める3ヶ月前頃から摂取する様に心掛けましょう。
葉酸は着床を助けるサプリメントでもあり、細胞の分裂や増殖を助ける働きによって子宮内膜を厚くし着床しやすい状態になります。
厚い子宮内膜は受精卵を着床しやすくするだけでなく、着床した受精卵をしっかり守り定着しやすくする効果もあります。
また葉酸には、卵子の質や老化を改善してくれる効果もあります。
葉酸は血流を良くする事によって、卵胞の発育をよくします。
葉酸が血流を良くする効果は、血液を増やす造血作用によるもので不妊の大敵の冷え性改善にもつながります。
妊娠初期の流産リスクにおいても葉酸の摂取は効果的で、初期の流産の主な原因である受精卵の染色体異常による流産のリスクを下げることが出来ます。
葉酸は卵子や精子の質を高めるので、染色体異常の確率を下げることが出来ます。
葉酸は厚生労働省で摂取が推奨されているのは女性だけなので女性が摂取するイメージが強いですが、男性の摂取でも精子の質を上げる効果もあります。
不妊の原因は女性側にあると思われがちですが、男性側に原因がある場合も多いです。
男性の葉酸摂取によって精子の染色体異常を2?3割下げると言われており、精子の量や運動力を上げることが出来ます。
そのため夫婦で葉酸を飲む事によって、妊娠率をより上げることが出来ます。
葉酸サプリには葉酸だけでなく鉄分やカルシウムなどの成分も含まれており、より良い身体の状態の維持に必要な栄養が含まれているものが多いです。
人工受精や体外受精などの治療中などの費用がかかる治療も葉酸を摂取することで、より治療の結果に希望が持てるようになります。
より早く結果が出やすくなる事によって、費用の節約にもつながります。

Categories: 未分類

葉酸はダウン症予防に効果がある

将来の出産を考えている女性は多いです。
そのために妊活をやっているという人が多いです。
体を温まるようにしたりストレッチをしたり、さらにはなるべく風邪をひいて強い薬を飲まないようにするなどいろいろと気を配っている人はいます、それは結婚をしてからやるというよりももっと前から考えていく必要はあります。
それは結婚してからというよりも20代くらいからしっかりと考えていった方がいいということがわかってきています。
じつは女性の体に必要な栄養素というのはいろいろとありますが、とくに必要なのが、カルシウムと葉酸です。
カルシウムは赤ちゃんの骨の形成に必要ですが、葉酸というとピンとこないという人も多いでしょう。
でもこれらの栄養素が不足することで赤ちゃんの神経系統に障害がでるリスクが高まります。
たとえばダウン症や神経管閉鎖障害などです。
じつは妊娠の最初期に神経管と呼ばれる器官が形成されることがわかっていますがその神経管というのは、のちに脳や脊髄といった中枢神経の器官になっていくところです。
そこでなんらかの異常があると、障害害を持った子供が生まれるリスクがあがってしまうことがわかっているのです。
ですが、妊娠前から葉酸を十分に摂取することで染色体異常を防いだり、神経管閉鎖障害を防ぐ効果もあります。
そのように障害を防ぐいみでも摂取したほうがいいのですが、毎日食品でとるのは大変です。
ですからサプリで飲んでみるのもいいでしょう。
また障害ということだけでなく、血流をよくしたり免疫を高めるという意味でも摂ったほうがいいです。
女性だけでなくて男性にとってもいいでしょう。
先天性の問題を起こさないためにも男性も女性も自分の体づくりから考えていったほうがいいです。
ただ、どんなに良いものも、多く採りすぎることで問題が起こることもあるので、どの程度の量をとるのかは慎重に考えていったほうがいいです。
自分の体は自分でしか守れませんから、気を付けたほうがいいです。

Categories: 未分類

葉酸サプリメントは危険性があるのでしょうか。

妊娠中に重要な栄養素の一つに葉酸があります。
厚生労働省では一日400μgをサプリメントとして補うことを推奨しています。
摂取量の上限を1000μgと定めており、これを越えてとると様々な弊害が出てきます。
そういう意味では危険性があると言えるでしょう。
過剰摂取による副作用を挙げてみると、食欲不振や吐き気などの消化器症状、不眠、むくみ、発熱、蕁麻疹や紅斑、痒みといった皮膚症状、呼吸器障害、亜鉛の吸収率の低下、赤ちゃんの喘息のリスクの上昇などがあります。
赤ちゃんの喘息のリスクに関しては妊娠初期以降にも多量にとり続けた場合というデーターも出ています。
適正に摂ることにより貧血の予防、免疫力のアップ、胃腸の強化等の効果が期待でき、不足すると赤ちゃんの神経管閉塞障害のリスクが上がってきます。
では食事で多く摂りすぎた場合、サプリとの関連が心配になってきます。
葉酸を多く含む食べ物の代表的なものにホウレンソウがありますが、100g中210μg含まれています。
しかし水溶性のビタミンであり、調理して食べるとそれは50μgになってしまいます。
そのことから見ても食事でとれる量は限られています。
次にサプリメントの選び方ですが、実に様々なものが出回っており、価格もまちまちです。
基本的には国産のものが安心して使用できるでしょう。
また葉酸サプリメントの成分は天然のものと合成のものがあります。
価格は天然の物の方が高価です。
合成の製品は比較的安価ですが、体に蓄積しやすく、赤ちゃんが喘息になるリスクが高いことも知られています。
添加物の多い物も避けるべきでしょう。
ショ糖脂肪酸エステルやアセルスファムカリウムは赤ちゃんのダウン症の発生率が上がる成分として報告されているので、製品を選ぶ場合には配慮が必要です。
基本的には厚生労働省でも推奨されている必要なサプリですが、使い方を間違うと危険な一面も持っています。
説明書をよく見て安全な商品を必要量を守ってとることが必要不可欠です。

Categories: 未分類

どのような果物に葉酸は含まれているか

妊娠中に摂ると良い栄養素である葉酸は、主に緑黄色野菜やレバーなどに含まれており、妊娠中の場合は、1日に400?の摂取が必要となります。
野菜に換算すると1日350g程度となりますが、ほうれん草であれば2束、水菜は3束、枝豆は3人分を食べる必要があります。
葉酸はフルーツ類にも多く含まれています。
特に多いのは、ライチやアボカド、マンゴー、パパイヤ、キウイといった南国系の果物や、いちご、ラズベリー、アメリカンチェリー、干し柿などがあります。
ライチには、100gあたり100?含まれており、ビタミンCも豊富であるので、健康だけでなく妊婦が感じやすい乾燥肌や、シミなども抑制してくれます。
冬ぐらいから出回るいちごも90?含まれており、通常のサイズであれば8粒程度食べると予定量を摂取することができます。
いちごには、クエン酸や食物繊維であるペクチンも含まれているので、体を整えてくれます。
キウイフルーツは、100gあたり36?と少し低めですが、ビタミンCや食物繊維が豊富です。
妊婦になるとホルモンによって便秘になることがありますが、こういったことも予防してくれます。
果物類は、凍らせたりスムージーにしたりして体に取り込むことができます。
そのためつわりのひどい時期にも比較的食べやすく、栄養成分も良いのでしっかりと補うことができます。
小松菜とバナナ、キウイなどでスムージーを作ると食物繊維や葉酸を含むので、栄耀効果も高くなります。
なお、スムージーなど作るのが大変な時や、果物だけでは栄養を補えていないと感じる時はサプリメントを利用してみます。
サプリメントはさらに簡単に取り入れることができ、飲み忘れが少なくなります。
妊娠初期には胎児にとって大切な器官がつくられているので、意識してとるようにしましょう。
その際、体や胎児に影響が出ないよう、成分はなにか、国産か、添加物は含まれているのかなどしっかりと調査してから服用するようにします。

Categories: 未分類

着床率を高め不妊を軽減する葉酸の効果

日本国内では、欧米諸国に比べて無脳症や二分脊椎症などの神経管閉塞症の発症率が著しく高い事から、出産を望む女性に対して葉酸の必要性を注意喚起しています。
ビタミンMやビタミンB9、プテロイルグルタミン酸と呼ばれるこの栄養成分は、胎児の先天性の奇形症の発症を予防するだけで無く、不妊や流産、貧血、つわりなどの症状を緩和し解消する効果が期待出来ます。
不妊は、一般的に排卵障害などの排卵因子、卵管閉塞や卵管癒着などの卵管因子、子宮筋腫や子宮内膜症などの子宮因子、子宮頸管炎や子粘液分泌異常などの頚管因子、抗精子抗体など数多く疾患性の因子があり、根本原因となっている疾患の治療が必要です。
葉酸は、子宮内膜を肥厚せる事で受精卵の着床率を向上させ、妊娠の確率を高める効果が期待出来ます。
この栄養成分は、造血ビタミンとも呼ばれる事があり、ビタミンB12と協調する事で核酸の生合成を活性化する事により、赤血球の生合成を促進し子宮に栄養をより多く届ける作用と核酸が細胞の形成を促進する作用により子宮内壁を肥厚させます。
又、この造血ビタミンは、血液の生合成を促進する作用だけで無く、交感神経や副交換神経に関連するホルモンのバランスを整える作用があり、子宮内膜を肥厚させる性腺刺激ホルモンゴナドトロンピンや卵胞ホルモンエストロゲン、黄体ホルモンプロゲステロンのバランスを良好な状態に調整してくれます。
又、妊婦にはとても辛いつわりは、脳の嘔吐中枢神経を刺激するヒト絨毛性ゴナドトロピンや黄体ホルモンプロゲステロンの分泌により引き起こせる為、交感神経と副交感神経のバランスを調整し自律神経を安定させる作用もあり、出産を望む女性には必需とされる栄養素です。
しかし、天然の葉酸を構成するポリグルタミン酸は、水溶性のビタミンなので調理中に流れ出したり、加熱により壊されたりと体内に取り入れる事が難しい上に、分子量が大きいので吸収率が約50%と非常に低い為に厚生労働省でもサプリメントによる摂取を推奨しています。

Categories: 未分類

妊婦に必要な栄養素とはなにか

妊娠中は自分の体だけでなく、胎児へも気を配る必要があります。
妊婦にとって必要な栄養素には、鉄、葉酸、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンB12などがあります。
亜鉛は、細胞分裂を促し骨や皮膚の発達を促進させます。
免疫力も高める効果がありますが、不足してしまった場合、つわりがひどくなったり、胎児がうまく育たなかったりしてしまいます。
1日に13mgを目安に摂取します。
鉄に関しては、ヘモグロビンの材料となります。
妊娠をすると胎盤を通して胎児に栄養が行きわたります。
胎児に優先して鉄分がいくため母体は慢性的に鉄分が不足した状態になっています。
そのため貧血が起こりやすく、動悸やめまい、体がだるいといった症状が現れてしまいます。
1日に20mgほどの摂取となります。
カルシウムは、骨を丈夫にすることができるほか、きちんととっているとイライラなど精神的な不安を改善することができます。
カルシウムは1日に900mg程度必要となりますが、カルシウムもまた胎児に優先され、足りない分はお母さんの骨から補うのでいつの間にか不足し、骨がもろくなってしまいます。
意識してとることが大切となります。
葉酸は、妊娠前から大切な栄養素です。
ブロッコリーや小松菜、ほうれん草、枝豆といった緑黄色野菜に多く含まれており、妊娠初期では胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減し、母体においてはつわりを予防する効果があります。
造血作用もあるため貧血の予防にもなり、妊婦のつらい症状を和らげることができます。
1日に400?となりますが、水溶性であるため水に溶けやすく、加熱すると壊れやすい栄養素です。
また、体内の吸収率も50%なので多く摂っても足りないことがあります。
このような事を防ぐためにもサプリなどで補うと良いでしょう。
サプリには、鉄やカルシウムといったミネラル成分も含まれているので、栄養をまんべんなく摂ることができます。

Categories: 未分類

無添加の葉酸サプリは必ずしも安全ではない

葉酸サプリは、ホウレン草などの野菜に含まれているビタミンの一種でそれをサプリとして服用しやすくしたものです。
葉酸の効果については、細胞分裂やDNAの合成に必要不可欠で赤血球の生成、動脈硬化の原因となるホモシステインを減らしたりする効果があります。
そのためうつ病予防、貧血予防、動脈硬化予防など様々な病気予防にも効果がある栄養成分です。
一日の摂取量の目安としては、一般的な男女の場合は240μgで妊娠中の女性なら480μg、授乳中の女性なら340μgを基準とします。
ただ摂取のし過ぎになるとじんましんや呼吸困難などの副作用が出る場合があるため、基準通りの量を補うことが大事となります。
特に胎内に胎児を抱える妊娠している方やこれから妊娠を検討している方にとっては葉酸サプリは推奨され、障害児や死産に至るのを抑制する働きが存在します。
このように手軽に毎日の足りない分を補うことができるとして、サプリで広く普及していますが、天然素材を使用したことを強調したり、添加物を使用せず無添加であることを強調しているメーカーも多く見られます。
そのため一般消費者からみると無添加で天然素材に拘ったから安全というイメージが持たれることも多いですが、添加物を配合したタイプの方が吸収率がアップするため、優れている場合もあります。
必ずしも添加されたものが危険であるかというイメージを持つことは適していないため、どういった内容の原料を添加されているかを見ることが重要なポイントとなり選択する上での注意すべき点です。
葉酸サプリを選択する上でのポイントとしては、農薬を使用しない自然の原料で製造されているサプリが優れており、安全なことは確かとなります。
農薬は人体にも悪影響をもたらす成分が配合されているため、自然栽培の葉酸を含んだ原料を用いた方が良いです。
合成でできたタイプだから危険で悪いということもなく、なかの原料にどういったものを使っているかがカギとなるため、各種信頼できる機関での試験結果が公表されているタイプを選択します。

Categories: 未分類

妊娠中の葉酸不足と過剰摂取の副作用

葉酸は、レバーやインゲン豆、緑黄色野菜などに多く含まれている水溶性のビタミンB9であり、たんぱく質や細胞の生成、赤血球の合成に必要なDNAやRNAの核酸の合成の重要な役割を担っている為、妊娠中にこの栄養素が不足すると神経管閉塞障害やダウン症などの胎児の先天性の奇形症の発症原因となります。
その為、高齢出産を目指す女性を中心に出産を望む女性達が、先天性の奇形症の予防効果を得る為に積極的にこの栄養素を摂取しています。
摂取タイミングとしては、先天性の奇形症が妊娠極初期に発症しているので、婚活中は継続して適量を継続して服用する必要があるとされ、最低限妊娠の4週間前?12週目までは1日あたり400μg服用する必要があると厚生労働省が注意喚起しています。
葉酸は、ビタミンB12と共に赤血球の生合成を促進する事から造血ビタミンとも呼ばれ、赤い血液から生合成される母乳の質を大きく作用するとされています。
その為、この栄養素が産後に不足する事により母乳の質が大きく劣化し、新生児の発達障害の原因となるだけでは無く、IgA抗体やラクトフェリン、リゾチームなどのにも悪影響を及ぼし免疫力の低下を引き起こします。
又、この栄養素の不足は、赤血球の不足を誘引し巨悪芽球性貧血や栄養素吸収障害が誘引する栄養不足による抜け毛、オキシトシンの分泌不足による子宮復古の遅延などを引き起こすリスクがあります。
厚生労働省では、授乳期には一般人の1日あたりの推奨量240μgに授乳婦の付加量100μgを加算した340μgを1日の推奨量とし、食事から毎日適正量を吸収するのが難しいのでサプリメントなどによる不足分の補給も推奨しています。
葉酸は、体内に蓄積する事が出来ない栄養成分なので毎日補給する必要がありますが、ある程度の過剰摂取の場合には尿と共に排泄され副作用が無いとされています。
しかし、自己の排泄能力を超える過剰摂取を継続すると、食欲不振や吐き気、浮腫み、不眠症などの副作用症状が見られ、呼吸障害や栄養素の吸収率の低下、ビタミンB12欠乏症の発見の遅延なども発症する事があります。

Categories: 未分類