群馬の葬儀会社は式場のセッティングを丁寧におこなうことで有名

お葬式の祭壇

葬儀の種類によるメリットの違いと業者の役割

仏花

一口に葬儀と言っても規模や参列者数によってさまざまな種類があり、種類ごとに予算も違ってきます。親族だけでなく友人・知人や職場関係者なども含め、故人とゆかりのあった多くの人に参列してもらうのが一般葬です。親族や故人とごく親しかった人だけが参列する家族葬も、群馬県内では近年増回傾向にあります。
会社が施主となって行う社葬や会社と喪家が役割分担しながら行う合同葬は、会社への貢献度が大きかった人の葬儀に選ばれる方式です。簡略な方式としては通夜と葬儀・告別式を一日でおこなう一日葬や、通夜も葬儀も行わず火葬だけで済ませる直葬が挙げられます。
群馬県内では一般葬か家族葬のいずれかを選ぶ人が多く、最近は家族葬を選ぶ人の割合が高まってきています。家族葬は参列者が故人の親族や親しい人々に限られるため、故人とのお別れの時間をゆっくりと共有できる点がメリットです。参列者が多くなると予想される一般葬でも、葬儀業者が万事取り仕切ってくれるため遺族の負担はそれほど大きくありません。
一般的には故人の交友範囲の広さや職場関係なども考慮した上で、一般葬にするか家族葬にするかを判断することになります。どの方式を選ぶにしても葬儀を行う際には群馬県内で実績の豊富な葬儀業者に依頼することで、安心して故人との最後のお別れに臨めるのです。

おすすめ情報

更新情報